2010年04月17日

新設顧問に権限移管=元常務理事、現金受領継続目的か−家具厚生年金基金汚職(時事通信)

 東京都家具厚生年金基金の汚職事件で、元常務理事の三枝正久容疑者(69)が理事を退任する際、新設された常任顧問のポストに業者選定の権限を移管していたことが10日、捜査関係者への取材で分かった。
 同容疑者は顧問就任後に現金の振り込みを自ら要求しており、警視庁捜査2課は業務委託先の業者からわいろを受け取り続けるために、権限を移した疑いがあるとみて調べている。 

【関連ニュース】
常務就任翌年から随意契約=14年、他社から見積もり取らず
贈賄側会社社長に有罪=在留手続き汚職
前副知事らを起訴=町村会汚職で福岡地検
前副知事、接待認める=同席の県幹部ら聴取
町村会視察「記録ない」=前福岡県副知事の北海道旅行

【麗し大和】(15)柳生みちの仏たち(産経新聞)
橋下氏市長選「出馬」発言に平松市長「的外れ…」(読売新聞)
受動喫煙防止条例に立腹、脅迫メールの男に罰金(読売新聞)
もっと気軽にお寺へ エクササイズや高齢者支援(産経新聞)
「勝手に俺の写真撮った」女子高生を連れ去ろうとした男を逮捕 警視庁(産経新聞)
posted by カツタ マサカツ at 14:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。